PHOTO MEMO by FES

写真についての個人的メモ

HDD

写真の保存 その3

13


 今回の画像は、新たに購入した外付けHDDの速度が知りたくて、フリーソフトを使ってPC内臓のものと比較してみました。 

 今回購入した外付けHDDは、ケースのみで、4台のHDD、もしくは4台のSSD、HDD2台とSSD2台という選択ができます。 前回書いたように、安全性のあるHDD2台のRAID1にして、SSDの方はSingle設定で個別にPCに認識させました。こちらの方は高速性を期待し、新しい画像データの現像作業用、そして、抽出した過去の画像データの再現像用としました。
  RAID1のHDDには、今までの外付けHDDや内臓HDDにバラバラになっていた画像データを、2日間かけて整理しながら保存しました。まだカット・消去しなければならないデータもありますが、800GBになりました(ほとんどはゴミなのですが)。

 体感的には、やはりSSDが速い感じです。また、旧型の外付けHDDは載せませんでしたが、書き込み・読み込みとも50MB/sには届きませんでしたので、かなり遅いということでした。

 基本データとして PCはインテルのi5 3.2GHz 24GBメモリ 内臓はフージョンドライブです。
 外付けケースにつけたのは、SG社の7200回転のもの、SSDはSM社のものです。

 画像をご覧のように、スピードメーターの針、緑の数値からも、PC内臓HDDよりもRAIDのものは遅くなりましたが、SSDの方は、書き込みが速くなっています。まあ、少しでもLightroomの現像作業が速くということですので、いい結果ということでしょうか。
 SSDの方は公称値が500MB/sほどですので、やや差があります。これは、USB3.0接続ですので、これよりも速いiMacのサンダーボルト2なら出るのかと思われます。もちろん、RAID1にしたHDDも速くなるのではと思います。とはいえ、価格的にはケース売りでもグンと高額になりますので、今回スルーした訳ですが、現時点ではほぼ満足といった感じとなりました。

 これで、Tiff保存もしつつ、SSDに溜まったデータをRAID1に移しながら使っていき、RAID1のHDDがいっぱいになったら、1台を保存用として保存ケースにでも入れ、1台を入れ替え初期化して使っていくということになります。


 

 

 

写真の保存 その2

55

 今回は,HDD・ハードディスクの「RAID」システムについてから・・。

 「RAID(レイド)」をかいつまんで話しますと,複数台のHDDを使うことで,そのコピー・バックアップを自動的にとるものです。複数のHDDを使うのですが、PC側からは1つのHDDとして認識し、RAIDシステムのある複数のHDD間で自動的にコビー・バックアップをとる、もしくは同時に書き込むということになります(詳細不明)。2台のHDDだとそのうち1台が故障しても,残りの1台にデータが残るということになります。あるいは,4台,5台だと,その内の複数台が故障してもデータが残るというようなシステムになっていて,HDDの数が多くなると,それだけデータ保存の安全性が高まるというものです。
 この例外としては「RAID0 レイド・ゼロ」というのがあって,2台のHDDにデータを分散して保存するというのもあります。これは1台が故障すればデータも全てだめにはなりますが,分散して書き込んだり,読み上げるので,その時のスピードが理論上2倍になるというものです。
 さらにRAIDシステムを持つものでも、それぞれのHDD毎にPCに認識させて,複数台のHDDとして使えるものが多いようです。

 さて,実際調べてみると,1万円以下のものから,HDD4,5台格納で十万以下,すでにHDDが組み込みとなるとそれ以上もしてしまいます。また,PCと接続する方法では,USB3.0が一般的で,iMacのサンダーボルト2(転送速度が速い)となるとさらに高額となります。機能的には同じように見えても,RAIDでは,同じ容量のHDDを使うのが一般的ですが,違った容量でもいいという便利なものもあるようです。
 このような高機能で、4台以上のものだと、本体とHDD準備でかなりの金額となります。そうなると、もう一台のカメラ、高級モニターが購入できる金額となります。いいものは欲しいですが,そこまでは無理です。

 いろいろと調べて考えたあげく,いいものが見つかりました。これも変わり種のようで,4台のHDDを入れるのですが,RAIDシステムを2つ組めるというものです。つまり,上記にあるような安全性と高速性を1つのHDDケースでできるということです。そして,また,HDDよりも容量は少ないですが,片方のRAIDでSSDを使えば,現像作業や保存・読み込みもかなり高速になるのではと思っています。ただ、彼の国の製品で、レビューなどを読むと製品にばらつきがあるようです。でも、交換などの対応が良さそうです。ということで,過日,運がよく,タイムセールで安いのが見つかり購入しました。

 あとは,内蔵HDDとSSDの物色となります。これも,種類いろいろ,金額もいろいろです。メーカーはWD,SG,東芝,日立などなどで,回転速度もありますし,容量も金額もいろいろです。まずは3TBで探しています。SDDは少なくても250GB容量から始めようかと思っています。

 こうしたRAIDシステムでも,PCに直接つなぐものもありますが,最先端はWi-Fi経由で,パーソナル・クラウドを構築できるものです(NASシステム)。しかし,調べるてみると,無線ルーターの通信速度の影響もうけるらしくて,直接接続よりも遅くなるのではないかという心配もあってやめました。これだと,PC等があればどこでもデータにつながり現像ができて,保存ができるというものです。世界や国内をまたにかけて撮影し現像するという,まさしくプロ用といった感じがしています。

 





  

写真の保存 その1

00


 ここ数週間ほど,写真の保存でのHDDについて考えていました。

 写真も,RAWデータとJpegデータ,更に,現像データなどの保存となるとかなりのHDD容量が必要となります。現像データは今の所Jpeg形式ですが,画質のよいTi形式ffや,Photoshop形式となると,RAWデータをはるかに超えたデータ量となります。
 iMacの内蔵HDDも容量の半分を越え,外付けのHDDも80%越えです。システムデータ等のバックアップ用はWi-Fi用であるのですが,読み込みが遅くて写真作業には全く不向きです。


 ということで,新たな外部HDDの導入を考えていたところです。家電ストアにもある2TB,3TBも考えていたのですが,それでは今後どんどんとコンセントを埋めていきますし,コードも邪魔になってきます。さらには, ここ10年は1度しかHDDの故障でデータ消失の経験はありませんが,もしもの安全性も考えていかなくてはなりません。

 まずは,コードを増やさないということでは,内蔵HDDを入れ替えることができるものがいいのではとと考えました。調べ行くと,2台〜5台,それ以上のものがあることがわかりました。これらはケースのみとか,すでにHDDが入っているものもあります。さらに安全性ということでは,複数のHDDを組み込んで使う「RAID(レイド)」という仕組みがあることがわかりました。 <続く>
  
  
記事検索
Photohito

Recent Photo