PHOTO MEMO by FES

写真についての個人的メモ

2方式

モニター・キャリブレーション その2

雪原2017-8 copy

 青いストライプ 長い影ができる朝 
 日の出時だと少し赤みを帯びますが,少し経つとこのような光景となります。この日は,乾燥していてダイヤモンドダストも霧氷もダメでしたが,影を追ってきました。

 前回はソフトウェア・キャリブレーションでした。今回は,もう一つの方式です。


 もう一つの方式は,ハードウェア・キャリブレーションと呼ばれるものです。これは,モニター内を直接制御するために階調もそこなわれることがありません。これには,専用のモニター(カラーマネジメント対応モニター)が必要となりますし,これも専用のソフトウェアとセンサーを使います。もっと高価なものになると,センサーが内蔵されていて,自動的にキャリブレーションを行うものもあります。これらは,いわゆるプロ用,ハイアマチュア用となります。安めの価格にしても,モニター5万円以上,ソフトと外部機器で4万円以上となります。プロ用となると20万円もします。

 しかし,やはりこの方式はモニター内部システムから補正するので,ソフトウェア・キャリブレーションよりも色などの精度が高いですし,時間が時間が短いのが特長です。


 個人的には,先にキャリブレーション・ソフトとセンサーを購入し,Winデスクトップ・モニターやMac Book Proをキャリブレーションしてきました。デスクトップのモニターも古く検討したのですが,PC自体も最新のものにということで悩み,Macの5Kを購入して今に至ります。これもキャリブレーションして,さらに,Win用のモニターをキャリブレーションして,デュアルモニターで使用しています。しかし,このWin用が古くて微調整してもiMacには合わないので,いろいろと調べているわけです。


 キャリブレーションをして正しい色をだすには,やはり「カラーマネジメント対応モニター」と呼ばれるものが安心ですが,今使っているインチ数からすると,24インチ以上となると10万円近くなってしまうのが悩みどころです。

 

 さて,今まで使っているPCとモニターを生かすには,まずは,先ずキャリブレーションのソフトとセンサーの導入からどうでしょうか。

 印刷用に調整できませんが,Web用であれば,X-Rite社の「ColorMunki Smile」が一番安いでしょうか。キャリブレーションソフトもついています。もう一つはDatorcolor社の「Spyder Express」です。それぞれの会社からは数種類ほどだしていますが,価格に応じて汎用性(印刷用設定,環境光測定)とともに精度が高くなります。印刷もと考えるならば,より高価なものとなるかもしれません。

モニター・キャリブレーション その1

17
 モニター・キャリブレーション 2つの方式と ソフト・センサー例

 製品ごとに色のバラつきのあるモニターを正しい色がでるようにカラーマネジメントするのが,「モニターのキャリブレーション」です。


 まず,モニターということでは,ノートPCやモニター付きのディスクトップPCと一般的なモニターがあります。また,写真やグフィック,映像などを専用に扱うようなモニターがあります。

 一般向けと専用モニターでは何が違うかといえば,まずは,画面の場所によっての色のムラ・誤差が少ないことや,耐用年数でしょうか。また,専用というのは,そもそもキャリブレーションの方式が違っています。そこで,キャリブレーションの方式の違いから説明します。


 まず,キャリブレーションの1つの方式である「ソフトウェア・キャリブレーション」です。一般的なモニターは,カラーマネジメントのシステムをもっていないので,別売として,キャリブレーション用のソフトが必要ですし,モニターからの色などを測定するセンサー(外部機器)が必要となります。普通は一緒に販売されています。
 

 この特徴としては,どんなモニターでもカラーマネジメントができます。しかし,大きな弱点があります。それは,この方式は,PC内にあるカラーを出力するところ(ビデオカード)を変化させてモニターに信号を送りますので,例えば青みの強いモニターの場合でキャリブレーションした場合は,PC側で青みを抑えて出力します。これは何かと言うと,色の階調は255ですが,青みを抑えるということでは,例えば200に階調を落として出力するということになります。キャリブレーションでは,色と輝度,ガンマ値も変えるので,色や輝度等の階調が減るということにもなり,正しい色が表示されない可能性があります。


 前にも書きましたが,テレビはほぼ青みがかっていますし,新品のPCも同じでしょうか。PCも古くなると赤み・黄色味を帯びてきますので,そのようなPCで写真を補正しても微妙な色はだせません。そこまでこだわらないとしても,雪や服等の白さに近づけたり,室内での蛍光灯,白熱灯下の青味,黄色味を綺麗に補正できると思います。

記事検索
Photohito

Recent Photo