PHOTO MEMO by FES

写真についての個人的メモ

現像

久々の花。というか、昆虫

autumn_bee

 帯広は紫竹ガーデンで


 コンデジのTG-4ですが、結構よく写ります。デジタル一眼よりも軽くて持ち運びが容易。家族写真もこれで十分といった感じです。花盛りには程遠い秋の花園=紫竹ガーデンに行ってきました。

 紫竹ガーデンは、花で囲まれた生活をしたいということで、花畑を作り、コツコツと広げて行って、今では2万坪にも迫る広〜い花畑になったという場所です。そのためにテレビにも紹介され、観光バスが立ち寄るガーデンめぐりの名所となっています。帯広・十勝は一面の平地で、防風林で囲まれた畑が幾千、幾万とあるような場所ですが、そんな中の一角にあります。そして、ガーデンの周囲には、名産品の長芋(とろろ芋)畑、レントコーン畑があり、さらに、こちらでは希少となった黄色い花を咲かせるキガラシ畑があちらこちらにみられました。

 また、焼肉ジンギスカンの有名店の「白樺」で満腹にして、今ではピークを過ぎた「花畑牧場」に立ち寄ってきました。白樺は2度目でしたが、市販されているものよりも厚めの肉でありながら、柔らかくてジューシーでした。花畑牧場は一時、観光客が多くて数量限定発売をしていたようですが、観光シーズンを過ぎた今は大変のどかでした。

 最後は写真現像の話。このコンデジもまあまあの画質(Jpeg)ですが、拡大していくと特に薄い色、淡い色に色むら・荒れ、まだら模様のような感じが見られます。上の写真でも蜂の背景がそうなりました。
 したがって、現像ポイントは、荒れを少なく、ぼかしをより滑らかにすることです。
 
  「・明瞭度を下げる ・ノイズを軽減する」この2つでの補正となります。
 方法としては、こまめに補正ブラシを使って背景を補正するか、円形フィルターで蜂の周囲を一気に済ませて、フィルター内でのブラシで蜂の周囲を補正するかです。
 
 追加です。このコンデジの便利な機能を紹介します。一眼レフでは見たこともない機能なので…
 この被写体もじっとしていることはないので、マクロの狭い被写界深度で普通に撮るとピンボケが多くなります。従って、何回も撮影することになります。しかし、このコンデジでは「フォーカスBKT(ブランケット)」というのがあり、自動的にピントをずらして10枚、20枚、30枚と撮影する機能があります。すなわち、1回のシャッターオンでピントをわずかずつずらした写真が複数枚撮れるわけですので、その中にちょうどいいピントのものが撮れる可能性が大きいというものです。


奇岩の朝

Yoichi-08521


 奇岩の朝  余市 えびす岩と大黒岩

 積丹方面で撮影したいと思っていたのがこのスポットです。
 前日に到着して、日の出の方角を確認しながら撮影位置を想定してきました。当日、日の出前に到着するとすでに5名ほどが待機し、海岸に降りている女性カメラマンもいました。あいにく、水平線には雲があり日の出時刻が遅くなりましたが、憧れていた光景にワクワクしながらの撮影でした。これは広角ズームですが、他のレンズも使いながら、位置も構図も変えながら撮影に没頭できました。朝早く起きた眠気も、こうなると何処へやらです。


 下がJpeg画像です。逆光ですので相変わらずに暗い画像です。空のデータがなくならないようにと、露出補正をプラス側にはしていないからです。かなり絞って若干ISO感度をあげて撮影しました。太陽の明るさのため空の様子もはっきりしない画像です。

20170706-DSC08521


 現像の大まかな設定は下画像のパネルを見てください。パネルは全体的な調整部分です。画面中央上にある赤い部分は、白飛びを示すものです。露出量、白レベルをプラスにして、これぐらいは可として、ギリギリまで明るくしたつもりです。シャドウについては、岩の表面や草が見えるくらいにプラス側にあげました。全体的にはやや暗い感じですが、静かに朝を迎え威厳のある朝の光景としてみました。これ以外に、奇岩や手前の波紋、右奥の崖などを個別に調整しています。

48


 標準ズームで、2つの奇岩をアップしたものも撮ってみましたが、奥行き感と朝焼けの関係で、この構図が一番いいかと感じました。

 次回はいつにしようかと考えています。できれば、雪がのっている時の朝焼けを撮ってみたいのですが、そうなると太陽はもっと右側で、太陽を入れるとなると、右奥の崖が奇岩に重なることも考えられます。太陽なしで、雪ののった奇岩と、綺麗な朝焼けや、海面の表情との対比となるのかと想定しています。

モノクロ化 最終

 いよいよ最終。「トーニング(18プリセット)」を説明して2作品をのせておきます。
 白から黒までの諧調のモノクロも、若干の色をつけると印象も変わります。

・フィルム・モノクロの時代には、印画紙をネガで焼き付けて、現像液や定着液に浸し、乾燥させるという現像プロセスを経ていました。その際に、あえて銀の定着を強いものにすると共に色調を変え、セピア調やブルー調に色を加えた技法を「トーニング」と言っていました。そして、これをデジタルでも再現されるように18種類がプリセットされています。

49

 2作品です。

kansei

017A3655-Edit

 この「Silver Efex」を使えば、カラー画像を容易にモノクロに変換することができます。カラーが氾濫するかのような色彩豊かな世の中ですが、そこにモノクロでの表現の意義の1つもあるやに思われます。


 追加 下記URLに「Nik softwareのクイックスタートガイド」pdf版があります。全てのソフトの説明ですので、お読みください。

   http://yokensaka.com/blog/wp-content/uploads/Complete-Collection-Quick-Start-Guide.pdf

モノクロ化 6

 今回は、モノクロ化するLRのプラグイン・ソフト Silver Efexのコントロールポイントの説明です。


mono7
 LRでの円形フィルターといった感じです。調整できるのは、効果範囲の大きさ以外に下記のものがあります。

・二重丸のスライダーで大きさを決めます。
・Br =明るさ、露光量
・Co  =コントラスト
・St =ストラクチャー(明瞭度)
・AW =アンプリファイホワイト 白つぶれをさせることなく明るくする
・AB  =アンプリファイブラック 黒つぶれをさせることなく暗くする
・FS =ファインストラクチャー (少し不明)
・SC =部分的にカラーにする 


部分的カラーの例 
IMG_0842-Edit-Edit

 カラーを部分的に残す場合は便利かもしれませんが、個人的には部分的な補正、修正はLightroomに戻してから行っています。保存すると、Jpeg形式よりもはるかに容量の大きいTiff形式の画像ファイルとなりますので、修正による画質の劣化も少ないようです。


モノクロ化 5

 調整機能の一部紹介です。今回は、カラーフィルターです。


mono8

・カラーフィルターは上画像の赤枠の中にあります。6つの色ボタンがあります。灰色ボタンは標準で、フィルターのない「元に戻す」という意味になります。したがって、フィルターは5つということになります。

 カラーフィルターを使うと、カラーフィルター効果というものが得られます。
 ある特定の色を吸収して、残った色を透過させ強調させる効果をえることです。たとえば、モノクロ・カメラ時代は黄色のフィルター(オレンジに近かったかも)がありました。これは、空の青が強調され青が濃い黒として表現されます。

31


 狐の画像(緑の背景とオレンジ色の毛の狐)で試してみたのが上の画像です。レッドからイエローのフィルターでは、やや白っぽくなります。グリーンだと、背景の緑が少し明るくなったようです。ブルーだと、全体的に濃くなった感じになりました。私的にはグリーン。ブルーにしてから、調整ということも考えられます。

 次に、イラストの虹の画像での変化をのせておきました。虹色の中で、ノーマルよりも何色が強調されるか見てみてください。一般的には、暖色系のフィルターを使うと寒色系が強調され、寒色系を使うと暖色系が強調されるようです。

39


積丹の夕景

 海面との反射でダブルの光景が楽しめるのが、海や湖の光景です。以前にあげた画像と同じような場所ですが、現像してみると波紋とカモメが写っていたので紹介します。

 撮影した機種はα7rです。この機種は、下の元画像のような空部分の「露出オーバー」や海面の「露出アンダー」には強いようで、RAWで撮影・保存されたデータにはJpegには見えない情報が含まれ、RAW現像時にはかなりの修復が可能となります。
 今回は、「現像の手順」には沿わない現像の方法で、このような写真を現像してみました。

     <元画像>
08459

 RAW現像の一般的な流れについては以前書きましたが、こうした逆光による露出の違いのある画像では、手順通りにはしない方がいいでしょう。空部分では光芒や雲の様子をもっと出したいことや、海部分は暗すぎますので、明るくしてみたいからです。肉眼では、空の光芒や雲の様子が見られましたし、海も明るかったというのが実際です。これを全体的な露光補正やシャドウを調整すると、その時の空の印象からは遠ざかり、元画像より明るくなって元画像しまいます。 

 そこで考えるのは、水平線を境に上下に分けて「段階フィルター」を2つ使い、別個に補正していくという方法です。

06
 空部分は、明瞭度をあげ、その他の露出調整で光芒や雲を浮かび上がらせます。海部分は、シャドウ、ハイライト、白レベルなどを調整して明るくしていきます。



 そんなことで現像したのが下の画像です。少しHDR風にはなりましたが、その様子が見えてきましたし、暗さに隠れていた波紋とカモメが飛ぶ姿が出てきました。構図的には上下は対象的になるとよかったのですが、太陽左下の雲のために、撮影位置を変えてもこんな感じでした。

20170705-DSC08459

 

モノクロ化 4

 プリセットから選ぶだけでも、随分迷うでしょうか。選んだとしてもそれは、すぐに変更もできますし、調整パネルで細かく追い込んで行くことができます。

 ・モノクロですので、まず明暗がキーとなります。スライダーでは「明るさ=LR露光量」と「シャドウ」「ハイライト」しかありませんが、下画像のように「トーンカーブ」があります。

mono6

・トーンカーブ  初めは斜めの斜線ですが、その線上のどこかにカーソルを当てて上下にドラッグすると明るさが部分的に変化します。右上の方だと画面上では明るい部分、左下だと画面上の暗い部分が変化します。上にドラッグすると明るく、下にドラッグすると暗くなっていきます。上の例だと、明るい部分は少し明るく、暗い部分を少し暗くという操作です。操作した箇所は点になって表されます。これらはLRと同じです。


モノクロ化 3

mono5


 プリセットは38種類
 表示を選択することもできます。このプリセットパネルの一番上の枠(下の画像)のグループを選んでクリックします。

01

 最初は「すべて」で、どんなプリセットがあるのかを試してみてください。この中からどれかを選ぶと、調整パネルのスライダー等も連動して変化します。従って、このSEでどんな調整ができるのか、どの調整で何が変わるのかを体験的に学習することができるかと思います。プリセットの一部内容を画像にしておきます。

44





モノクロ化 2

mono3


 Silver Efex起動の直前の画面


 このステップが終わるとSEが起動します。灰色のウインドウが出ましたが、LRでの画像をどのようにして、SEで編集するかを選択する場面となり、3つの方法があります。

 ほとんどは1番上の「LR調整でコピーを編集」を使います。LRで現像され、補正が施された画像が自動的にJpegファイルとして保存されて、それを元画像としてSEで編集したものが上書きされて残ることになります。

 ・LRでRAWファイルを現像する場合は、これしか選択できません。

 LRで、JpegやTiffなどのファイルを現像した場合は、チェックされた以外の上から2つ目や3つ目の項目を選択することができます。

 ・2つ目の『コピーを編集」というのは、LRでJpeg等を補正した場合に、それをコピーしたものをSEで編集することになります。つまり、何度もSEで現像した結果を残すことができるということです。

 ・3つ目の「元画像を編集」というのも、LRでJpeg等を補正した場合に、その画像を元画像として編集することになります。この場合は、元画像がSEで編集された結果で「上書き」されますので、SEでの様々な編集結果が残りません。

mono4

 自動保存が終わると、SEが起動して、この画面が現れます。

 すでに標準のモノクロで「ノーマル」(プリセット)に変換されて起動されます。

 プリセットパネルが左、調整パネルが右側となります。プリセットは30種類上あります。調整パネルのスライダーや選択項目も多いです。プリセットはクリックするだけです。

 調整パネルでは、「グローバル調整」として露光量やコントラスト、ストラクチャ(明瞭度)があります。円形のみですが「部分調整」ができます。これはLRの円形フィルターに似ています。カラーフィルターやフィルムタイプ、モノクでも若干色をつけたようなトーニングといったモノクロならではの編集項目もあります。

 次回は、パネル項目の若干の紹介です。




 

モノクロ化 1

mono1


 Lightroom画面


 モノクロ制作には、Lightroom(以後LR)のプラグインソフトの「Silver Efex(以後SE)」が良いということで紹介しましたので、7回ほどに分けて、大まかな使い方を画像入りで紹介します。
 
 ・上の画像はLRです。元画像をこれで調整してから、SEを起動します。例では、ホワイトバランスを調整しただけですが、カラーでも納得のいくように細かく調整してみてください。


 いよいよSEの起動ですが、(狐の)画像上を右クリックします。そうすると新たなウインドウが現れます。この中から、「他のソフトで編集」→「SE・・」をクリックします。


mono2

 SE起動画面1

 「えっ? ない!」という方は、以前書いたように「環境設定」から「外部編集」へといき、「追加外部エディター」で、アプリケーション欄の「選択」をクリックしてからSEのソフトを探して登録しなおかなければなりません。まず、プラグインとしての登録が先となります。

 登録して、再度、上画像にして「SE」をクリックすると下画像のようになります。

mono3

 SE起動画面2

 次回はこれ以降を説明します。
 以前はLRで仮想コピーをとってからと書きましたが、そうしなくてもいいようです。



記事検索
Photohito

Recent Photo