PHOTO MEMO by FES

写真についての個人的メモ

RAW現像の手順 その17


20170621-017A2730-Edit

 キタキツネ

 <手順16 「補正ブラシ」で細部を補正する>

 いよいよRAW現像最後の作業です。

「段階フィルター」や「円形フィルター」といった範囲指定補正フィルターに加えて、Lightroomには「補正ブラシ」というものがあります。

 「補正ブラシ」はブラシで指定した部分を補正することができるため、よりきめ細かい部分補正を行うことが可能です。例えばキタキツネの毛並みを強調するためにシャープネスだけをかける、背景を暗くするのに使ったり、部分的に露出やホワイトバランス、色彩、かすみの除去等さまざまな補正を行うことができます。

 補正ブラシを多用していくと、LRソフトの動きが鈍くなるという現象を経験していますので、より広範囲に適応できる段階フィルターや円形フィルターをうまく組み合わせて使っていく必要があります。

 現像後は、「書き出し」と言って、画像形式(jpeg,tiff)、画像サイズを決めて保存することになります。この際、画像に著作権を表すウォーターマークも入れることができるのがLightroomということになります。

 特に書きませんでしたが、トリミングもできますのでLightroomでの現像を楽しんでください。
 

 

RAW現像の手順 その14

20170621-017A2759-Edit-2

 キタキツネ
 手ブレ補正はあっても万能ではないので少々開放気味で撮影。至近距離で若干目にピントがあっていないような感じです。

 <手順13  「シャープ」で画像に解像感を与える>

 私が使っているLightroomでは、すでに25のシャープがかかっています。半径は1.0 ディテール25、マスクは0。これがデフォルト設定なのかもしれません。
 したがって、ほとんどはかけることがないのですが、以下に説明します。

<適用量> スライダーを右にドラッグするとシャープネスの効果量が増加します。やり過ぎるとザラザラした感じになります。<半径> このスライダーは、写真の中でシャープ処理の対象となるエッジからどこまでの範囲かをコントロールします。

<ディテール> これは、輪郭のエッヂ部分以外のどこまでのディテールを強調させるかを調整するものです。

<マスク> シャープを使用すると画像全体に均等に適用されます。しかし、画像の中にはシャープにしたい部分と、そうでない部分が混在していることが普通です。

 MacであればOptionキー、WindowsであればAltキーを押しながらドラッグすると、画面がモノクロになり、ドラッグしているスライダーの影響を受けるエリアが白線として表示されます。
Optionキー(Altキー)を押しながら「マスク」のスライダーを左の0にするとに画面は真っ白になります。これは画面全域にシャープ処理が行なわれているということです。これを右にドラッグすると、シャープが適用されない領域が黒く表示されます。白線として見える部分はこの画像の中でシャープが適用される部分となります。
記事検索
Photohito

Recent Photo