PHOTO MEMO by FES

写真についての個人的メモ

樹氷

ー24℃の空

017A1314

 寒空と樹氷

 前回の厳寒時の写真です。ここは北海道のほぼ中央にあって,ヘソ踊りでも有名な富良野市です。
 先にも書きましたが,市街を空知川が流れていて湿度が高いためか,美瑛では見られない霧氷も見ることができるようです。特に,芦別市にむかうところでは,人家も少なく綺麗に見えます。

 雲一つない凛として澄んだ空に,霧氷の白さが似合うようです。

 こんな寒空に,ドローンを飛ばしている人に出会いましたが,そのうち見かけなくなりました。車はあったのですが,車中にも周囲にも人影なしで,雪原に分け入った跡が続いていました。 ひょっとして,厳寒のためにバッテリー切れで墜落し,回収にいったのかもしれません。バッテリー残量が少なくなれば,自動的に戻る機能もあったとは思いますが,不測の事態だったと想像しています。余裕があれば飛ばしてみたいものです。

 個人的な近況。Lightroomの動きがかなり鈍くなり,現像にも四苦八苦しています。メモリー・キャッシュの設定も変えてみましたがダメです。一応Lightroomのカタログの容量をみると4GBで,写真枚数では3800枚程度。数万枚でもいいというように聞きますがダメなようです。そこで,新カタログにしましたが,少し改善されたのみです。いろいろと調べてみると,やはりPCのメモリ8GBでは不足しているようです。そこで急遽,8GB✖️2をネットで購入しました。

 また,今検討中なのは,外付けHDです。すでに,単体の2TBが2つ。その一つが,PCバックアップ用で,もう一つはWindows兼用です。一応内蔵HDの方が早いので溜まってから保存していましたが,初めから全て外部HDにしようかと思っています。それと,ミラーリング・コピーを自動的にやってくれるRAID1もどうかと思っています。HDケースで購入して,内蔵HDは品質のいいもの,速いものを入れればなんとかなるかもしれないと思っています。ウエスタン・デジタル社のREDだと常時電源ONのNAP対応なので安定性,信頼性はかなり高く,消費電力も低いとのことです。ただし,回転数がインテル・パワー(非公開? 可変という話も)とあってなんだかわかりません。それよりも7200rpmの方が早いという記事もありますので,回転数7200のHDでもいいかとも迷っています。他社でもいいのが,と聞くと「安価」な方がいいかとも・・。
  

ダスト狙いから,霧氷へ

Winter fairies 10

 雪上のダイヤモンドダスト

 土曜・日曜,そして本日火曜日と,早朝撮影の狙いはダイヤモンドダスト。寒い日が続き,特に今日は,晴天の夜空での放射冷却現象があって,今期最低気温のマイナス23℃。美瑛ではそれよりも,2,3℃低めとなり,ほのかにダイヤモンドダストを期待しました。いつもの場所は,日曜日で車が30台ほど,今日も同じくらいで,まさしく人気スポットとなってしまったようです。

 自宅を出るときには薄暗い中でしたが,LEDの街頭下ではダストが見えました。しかし,美瑛に入っても,樹木の霧氷が土日よりも少なかったのですが,もしや?ということもありますのでいった次第です。結果は小発生で,3度目のハズレでした。連日の低温で,空気中の湿度がなくなっているということになります。

 その後,上富良野・中富良野・富良野まで走ることになります。背景は写真のようにイマイチですが,ダイヤモンドダストが発生しています。車の気温計では,マイナス26℃と美瑛よりも寒いところがありますので,先に書いた条件の場所に行けば撮影できる可能性があります。また,特に,富良野は街中を一級河川が走りますので,空気中の湿気はいつも十分で,街中でも綺麗な霧氷・樹氷が見られるところです。 

 さて,マイナス20℃以下となると,顔がピリピリしてきますし,耳も冷えて痛くなってきます。ナイロン系の衣服だと,硬くなって動くたびに音がしてくるといった感じとなります。これに風がでてくると,体感温度は更に低くなります。防寒は必須です。今日撮影待機中に見かけた中で,いいなと思ったのは,大きめの手袋を首から下げて,その中に手袋をはめた手を入れて寒さを防いでいました。この中に使い捨てカイロを入れておくと,外での待機用にはいいかもしれません。 

極寒の色

017A0514

 極寒の落葉松 

 「霧氷」と個人的には使いますが、樹氷でもいいのかもしれません。この日は、車の温度計ではマイナス19℃でした。今日も、マイナス9℃で少し霧氷がありましたので、この付近から霧氷が発生するものと思います。もちろん、空気中の水蒸気の量にもよるかと思います。

 現像では、落葉松の黄葉色も混じったもの、影の部分の青味、はたまた、印象としての白さとあり、そのバランスが難しいところでした。元データは、撮影時のホワイトバランスも5400Kと少し高めでしたので、朝焼けの色が残っているものでした。これはこれで綺麗なのですが、寒いという感じを出すために、朝焼け色を少なくした現像にしてみました。冬景色の現像の難しさは、このあたりの白と微妙な色彩の調整でしょうか。
 
 ホワイトバランスのカメラ設定は、例の太陽マーク、曇りマークなどがありますが、ほとんどは太陽マーク使用です。K値では5200となっています。しかし、「K」設定で数値を変え、色合いなども確かめていくと、晴天(雲があっても)でも、その5200ケルビン値から、プラスマイナス200〜300の幅があるようです。まあ、これは現像時に調整できるのですから無駄といえばそれまでですが、jpeg画像での色の信頼性を高めるということで、試行しているところです。

記事検索
Photohito

Recent Photo