PHOTO MEMO by FES

写真についての個人的メモ

3月弥生の霧

017A1596

 桜や梅便り、菜の花便りも本州から届いています。羨ましいです。
 北海道は、たまに日中の気温がプラス1℃ということもありますが、まだマイナス気温の日が多いです。幹線道路は雪も溶け舗装道路も見えてきていますが、裏道は雪氷と舗装の轍に雪解け水が溜まった凸凹道となっています。

 上記の写真の日は3月ですが、マイナス12〜15℃という朝のものです。さすがダイヤモンドダストは出ないだろうと美瑛近くまで行ったところ、パノラマロード方面に「霧」が発生していたので直行して撮影したものです。場所は三愛の丘展望台の手前です。

 このポプラは結構目立つのですが、すぐ下に倉庫などがあって構図が取りにくいものでしたが、ちょうど霧がそれらを隠していました。どう撮ろうかと気になっていたものを1つ解決できたような光景となりました。この日は久しぶりの快晴で、三愛の丘では3名が朝日の方角にカメラを向けて撮影していました。

  

モノクロームな冬

雪原

  光   (11月撮影)

 また雪が降って、丘にも雪がのったかと思い、12月初めての撮影(日中)に行きました。 

 旭川市の聖和小(すでに廃校)右折して旭橋(旭川にも旭橋があります)を過ぎると、美瑛旭という地区になります。ここは水田ですが、すっかり雪に覆われ、田んぼの畦の段差に影ができていました。雪の白い布団をかけ、3月融雪剤散布までの長い眠りについたという感じでしょうか。

 丘面は大方は白いのですが、トウキビの切り株が出ている箇所もあります。ここ2、3日で降った雪を除雪したために、道の両側は小山ができ、冬季間不通の道は完全に通行不能となっていました。この標識がある箇所は、入り口が除雪されていても、排雪の山となり奥へは行けなくなりますので要注意です。軽自動車なら切り返しでなんとかUターンはできますが、 普通車以上だと、スコップ等で道幅を広げないと無理かもしれません。

 本日は、美瑛五稜からスタートして、雲間からの光を追って、美馬牛、新栄、拓進、三愛と回ってきました。午前中だけでしたが、うっすらと青い影と白い雲、青空にも会ってきました。  

落葉松11

 落葉松の紅葉残る冬の丘 
  この場所は,冬季間不通の場所ですが,誰かの轍があったので突き進んでいって撮りました。冬もこうしたところにも行きたいのですが,狭くなる冬道で駐車するのはいろいろと迷惑になりますので,ラッキーでした。

 除雪の話 過日も20cmほどの積雪がありました。除雪,排雪も大変な仕事です。私のところは,家の前の車3台分の 駐車スペースだけならいいですが,除雪車が除雪しない歩道と車道50cmほども除雪します。冬の朝撮影の際,降雪があれば,就寝前に1回除雪して,朝の出発前に1台分は除雪してでかけます。除雪車が来るのは,年々予算も少なくなったのか,以前は10数cmだったのに,今は20cm以上らしいです。美瑛の早朝撮影となると,もちろん除雪車は入っていません。積雪の中を走るという感じです。また,いつ除雪車が来るかわかりませんので,車からは離れられません。

 さて,以前に紹介したデジタルフォト講座ですが,気がついて受講しようとしたら定員オーバー。第2次募集で受講が決まりました。すでに10日以上経過し,連日のように講座があります。メンバーは,超初心者から,中にはプロもいる総勢300人以上というすごい規模になりました。講師の方も,いろいろなレベルにあわせるということで苦労されているようです。Webを利用した講座ということでは,文字,コメントだけではなく,サンプル画像の提供や受講者の現像した写真のアップ,さらに,受講者同士の情報,意見交流もあって,大変ためになります。また,講師がすべてのコメントをチェックしているようですし,コメントが投稿されるとスマホにメール🎶が来るので,なかなか賑やかな感じです。

 私の場合は,ここでも悩みを書いたこのある,「現像での仕上げをどうするのか」「テーマ設定はどのようにするのか」,はたまた,その延長線上には,自分なりの「表現」ということで,煮詰められたらいいかなと思っています。ここで,調べことを書いたり,考えたことをまとめたりと,受講のための予備知識が再学習でどれだけ身につけられるのか,そして,現像の宿題もあるようなので,実技面でもさらなるレベルアップが期待できそうです。すでに,講師の元画像から講師の仕上げ写真の再現ということで,現像された写真もアップされている受講者もいて,アクティブな姿勢,雰囲気もいいかと思っています。私の方は,撮影がおろそか?になって,過去のデータを見ながら,再現像する時間が増えました。
 以前,スキーをやっていて,指導者のすぐ後ろから,シュプールの跡をたどるという練習もしました。また,5人,10人でのデモ,集団滑降もしましたが,自分滑りの癖を直し,自在に滑ることのできるような力になったことを思い出します。
  
記事検索
Photohito

Recent Photo