PHOTO MEMO by FES

写真についての個人的メモ

パンフォーカス

肉眼とカメラ ボケ写真

50

 肉眼での見え方をもう少し考えてみました。
 上図の黒枠が前回のものです。どうも人間は凝視しなくても,見るということでは,周囲がボケていて,中心部分しか鮮明に見えていないことをお話しました。すると風景や光景などの全体を見るということは,視線を移動させなければならないということになります。つまり,見渡す,見回すということで,視線の移動が不可欠というわけです。人間が全体を見るということは,眼球や視神経自体,器官的には見えないけれども,それぞれ1部分のものを脳が合成して,「認識」させているということになるかと思います。

 我が子の絵にしても,見た通りに描きなさいとか,よく見て描きなさいと言いましたが,まさか,周囲がボケた絵を描きませんでしたし,よく見てということでは,視線を移動しながら描いていたように思います。こうして,肉眼の特性や写真を考えると,周囲がボケた絵を描いた子は,自分の感性に正直であり才能があるかもしれませんね。逆に言うと,絵的なもの,映像的なものでも,パンフォーカスということが知らず知らずに常識となっているのではないかとも思います。そして,写真を撮り始めると,強烈に「ボケ」に興味をもつようです(私自身)し,ボケのある風景写真もいいものと思うようになります。

 ボケは英語でも「Bokeh」です。海外では風景写真はパンフォーカスのものが多い(写真史からも)ようですが,海外でのこのBokehという言葉が使われないときは,全体的にピンボケという意味のOut of focusしかなかったような話です。このボケをひろめたのは日本人かどうかわかりませんが,写真サイトのFlickerで「Bokeh_photography」というグループがありますので,見てはいかがでしょうか。
  url  
https://www.flickr.com/groups/bokeh_photography/

 こうしたBokehの写真ははある意味,撮影者の写したいものが明確でいいという感じもしたり,主観的すぎて物足りなさも感じなくもないです。よほど,ピントのあった主役とボケた背景での物語性がないと,うまくいかないかなぁと,偉そうなことも思っています。しかし,パンフォーカスが主流のなか,新しい表現方法という位置付けで,著名なプロの風景写真家が続出すれば(そこまで情報はありません),面白いかと思います。

※ 画像右下の内容については,後日ということで。 

パンフォーカス

雪原2

 雪原  いつ行っても誰かがいるというような有名な親子の木です。レンズ焦点距離70mmで撮影。
 足跡があります。冬になると、結構見ることができ、動物の行動を想像させます。雪面はザラザラのキラキラというところです。雨後に凍って、降った雪も飛ばされるからでしょうか。

 雪が降り、積もっていくと、美瑛の丘も新しい顔を見せます。夏季よりも、通える道が限られてきますが、「雪の表情」が好きな私にとっては、どこも被写体になりうるという困った時期です。巨視的な見方やマクロ的な見方もしなければなりません。低速運転でキョロキョロです。狐の足跡、雪の凸凹の陰影、風紋、さらに、雪の結晶撮影もできます。

 さて、カメラは肉眼には及ばないと言われますが、このパンフォーカスはカメラの大きな特徴・長所だと考えています。 肉眼ではどちらかというと、F値・絞りが大きいためか、1m先のものを見ると、周囲とともに背景もボケます。遠くを見ると、手前がボケます。しかし、カメラではこのパンフォーカスを使えば、オール・ピントとなり肉眼を超えることになるからです。
 逆に言うと、雑誌などでよく見るパンフォーカスの風景写真は、肉眼の見え方とは違うということでもあります。当たり前のようで当たり前ではないようなのが、パンフォーカスと肉眼の違いです。 

パンフォーカスの話 復習

05

 前回は、被写界深度がミリ単位になってしまい、マクロレンズのようなはなしになりましたが、今回はパンフォーカスの話です。

 「近焦点から、遠焦点が無限遠になるまでを被写界深度にする」というのがパンフォーカスですが、レンズの焦点距離と絞りの関係で変化します。その例が下記の表です。一応、F値が大きい方で撮影することがおおいので、F11とF16の場合です(これは計算式からの数値です)。この表の上に、「過焦点距離」というのがありますが、ここの距離にピントをあわせると、パンフォーカスになりますという数値です。
 
34

 上の表は、「F値が11」の場合で、ピントを置く距離(過焦点距離)と近焦点を一覧にしましたので、広角レンズ16mmの場合だと、70cmのところにピントおけば、手前30cmからパンフォーカスできるということです。焦点距離が大きくなると、過焦点距離も遠くなってきます。
 ・ これでパンフォーカスができるとはいえ、注意するのはフレーミングです。フレーミングされたファインダー内画像の下の部分に、近焦点より手前が入っていれば、少々ボケるということになります。従って、近焦点よりも遠くの地点から、奥の方を撮らなければなりません。
 ローアングルで撮影すると、近焦点より手前のボケたものも入ることがありますので、表現上で考慮する点だと思います。

 F値を小さい数値にすると、過焦点距離と近焦点が遠くなります。また、F値を大きくすると、近くなるという関係です。

 自然風景写真では、パンフォーカスで、しかも、人間の立ち位置での目線から、というのは、前田真三氏の基本姿勢だったと聞きます。拓真館での写真でもF値が大きい数値のものが多かったです。彼の写真集から、使用したレンズの焦点距離を割り出した人がいて、広角はあまり使用せずに、中望遠が多かったというような結果だったということです。

 某プロ写真家が「パンフォーカスにするためにF16で撮影」というのがありましたので,その場合のも表にしてみました。F値の小さい絞りでもパンフォーカスにできますが,あれこれと絞りを悩むことなく,光景や構図などに集中した方がいいですということでしょうか。

 朝夕の薄暗い中での撮影では,当然にシャッタースピードが遅くなることから,三脚必須,レリーズ必須でしょう。それと,レンズに手振れ防止機構がある場合は,誤作動でブレることもあるということで,それをオフにするのも重要かと思います。

02

 

  

被写界深度の話 復習

05

 今回は、被写界深度の復習です。 次回はパンフォーカスです。

 物理的には、ピントを合わせた点(焦点)がピッタリなのですが、肉眼で見た場合に「ほとんど焦点が合って見える範囲」を被写界深度と言います。そして、焦点よりも近い位置を近焦点といい、遠いものを遠焦点といいます。この近焦点と遠焦点の間が被写界深度というわけです。

・肉眼で見て焦点が合っている被写界深度は、F値=絞りによって変化し、F値が小さいほど、範囲が狭く、F値が大きい数値ほど範囲が広くなります。

 例えば、レンズの焦点距離を70mmにして、F値8.0で1m先にピントを合わせると、近焦点が約95.6cmで、遠焦点が105cmとなり、被写界深度は約9.1cmです。F22にすると、近焦点88.5cm、遠焦点115cmとなり、被写界深度が26.2cmと長くなるというわけです。

・同じF値にして、レンズの焦点距離を変えると、焦点距離が長いほど、被写界深度が狭くなります。F値の場合とは反対です。

 例えば、F8.0に固定して、レンズ焦点距離140mmで1m先にピントを合わせると、近焦点98.9cm、遠焦点が101cmで、被写界深度は、たったの2.1cmとなり、上記の70mmレンズデータ9.1cmの1/4になります。70mmの3倍の210mmにすると、被写界深度はなんと1cm以下の0.8cmとなります。(理論値です。私の70-200mmでは最短撮影距離は1.2mですので。)

 こうなるとボケを堪能する世界かもしれません。この辺りは、90mmや100mmのマクロレンズの世界の話になるかもしれませんが、このレンズでも焦点を遠くに置いて、十数メートル先、数十メートル先、百メートル先となるとパンフォーカスの話となってきます。


 

冬の日の出 F4.5

新栄冬の朝

 新栄の丘 冬霧で赤い屋根の家が隠れる

 先の「マイナス12℃」の写真よりも,少し前の写真です。雲のような冬霧が,赤い屋根の家を横切るときを狙ってみました。ずっと外で待機している人もいましたが,三脚とカメラを設置して構図を決めらた車の中で様子見をしてからの撮影です。零下10℃を下回ると,やはり寒くなります(まだ,慣れていません。極寒時は零下10℃が少し暖かく感じますが。)。足元は底厚の防寒靴でいいのですが,特に指先で,3本の指がでる手袋ではやはり冷たくなります。これが零下20℃を下回ると,冷たさを超えて痛くなってきますので,極寒時は使い捨ての小さい懐炉があるといいです。

 さて,この写真はいつもの風景写真のカメラ設定とは異なります。F値が4.5というものです。逆光なので絞りこむというのが通常ですが,開放よりも数段上で解像度もいいと言われる数値で,どうなるかを試してみました。
 フォーカスは手前の木の先です。直線距離で100mと読んだので,レンズ約90mmの焦点距離なので,被写界深度は手前37,38mからの雪原,奥は山の稜線で無限大ということになります。いわゆるパンフォーカスということです。
 絞り込んだ際との違いは,太陽とその周辺の描写かと思います。絞りこむと光条が出てきたり,そのために太陽周辺に筋状の模様と周囲とのコントラストができてくるのですが,開いた分,意外と柔らかな感じがでています。いつもは,逆光専用のα7rでがっちりと絞って,光条をだしたものが定番なものですので,これはこれで,逆光で太陽を入れる際の参考になるかと思いました。

 もう一つ。風景写真というとパンフォーカスで,絞りこむのが常道です。しかし,絞りこむと,光とレンズの性質から,回析現象が起きて,ブレたような写真になるということで,F8からF14,15ぐらいまでというのも聞きます。絞り込みについては,ナショナルジオグラフィックでの技術書では,ブレが判明でるまでの大きな印刷はしないことから,F22,F32と最大に絞りなさいとありますので,回析現象は肉眼の識別能力を度外視した理論であるかもしれません。
 著名な女流作家の人はF16で撮影とか言っているそうです。心意・論拠は不明ですが,素人向けには「F値の設定をあれこれと悩むよりも,パンフォーカスはこのぐらい絞り込んで,風景写真を撮ってみては?」ということだと思います。しかし,F4.5でも,F2.8でもパンフォーカスができることも,カメラ・レンズの性質を知るには大事でしょうし,それで何らかの表現が変わるならば,試してみる価値があるということでしょうか。
 次回から、被写界深度やパンフォーカスについて復習してみます。
 
記事検索
Photohito

Recent Photo