PHOTO MEMO by FES

写真についての個人的メモ

コンセプト

写真のテーマ 再考2

PB300081 smart copy copy

 雪の結晶(別名:六花)
 大雪に雨という不安定な天候ですが、冷えた日にコンデジで撮影。まだ、2mm以下の小さなものですが、立派な形をしています。冷えてサラサラの乾いた雪に見られる自然のミクロの造形美だと思います。
 
 また、テーマ関係です。
 前回はモチーフ(オブジェクト)からでもいいのではと書きましたが。再度、テーマなどの名称それぞれを定義したものをあげて、書き込もうとしてみましたが、やはり、「テーマ」というのは難しく、キーボード上の指も止まってしまいます。定義自体が、いろいろあるようで、再定義の必要もあるかと思うのですが。

❶ 「テーマ」 写真で伝えたいこと。自分における写真の意味。
❷「コンセプト」 一連の作品を貫く骨格となる発想や観点。
❸「モチーフ(オブジェクト)」 もともとは動機を指す。素材・被写体の要素の方向性。

 よく聞くのは、好きなものを見つけて、とことん撮りなさい。そして、なぜそれが好きなのかを自問自答しなさい。そうすれば、テーマなどは自ずと決まってくる。自問自答を超えたら、また、別の次元の写真へと近づける。‥というようなことです。好きなものを、撮りたいものを見つけるという意味では、先にモチーフ(オブジェクト)が決まるのでしょうか。カメラを持ち始めた当初は、いわゆる手当たり次第に撮っていましたが、やはり、自然に好きなものへと移行していきます。そして、好きなものだけに、上手く撮りたいと思うようになります。「何を撮るか」から「どう撮るか」へとシフトしていくような過程を辿ります。この辺りに、モチーフやコンセプトのヒントがあるように思うのです。

 そういう歳ではないのですが、もし恋人ができ写真を撮るとしたら、初めは思い出とばかりにパシャパシャと撮るでしょうか。そのうち、こんな表情や仕草がいいと感じ、もっと違う表情や仕草も撮ってみたいと思うかもしれません。撮った写真を見せることもあるでしょう。すると、恋人が喜んだり、もっと綺麗に撮ってよとか、こんな表情や姿は嫌だなどということもあるかもしれません。ただ機械任せに撮っていただけが、上達を目指すようになります。彼女が好きな表情や仕草と、撮影者が好きなものが違うこともあるでしょうね。花や小物の脇役も工夫したり、ポーズを勉強したりとしながら撮影していくことになるかと思います。横顔は横何度の時がいい。笑顔よりも真顔、ハイキーの方がいいなどと写真の方向性も決まってくるような感じがします。モチーフは「小悪魔な顔」でもいいでしょうし、そうなるとハイキーよりもローキーという方向性もあります。テーマは「恋人」ではなくて、自分の「かけがえのない愛・Love」かもしれません(これじゃ広すぎるかも)。いろいろなことが考えられます。ここで、恋人を例に出したのは、もし被写体が恋人のような存在だとしたら、好きでたまらないとしたら、いろいろなことが真剣みを帯びて、切実なものとして考えていくことになるかなぁと、想像してみたわけです。

 すると、まだ、そこまでには至らない自分がいるのかもしれません。なにせ美瑛の丘は様々です。小悪魔と呼ぶにはふさわしくない大悪魔でもありますし、天使でもあります。それに、光、雲、雪などの自然条件を加えると、思ったような、あるいは意外な表情を見るには、かなりの辛抱強さがいる恋人のようです。

 上記とは少し別な言葉を書き出しています。
「自然・田園風景」「美瑛とその周辺」 といえば、これは上記とは別なジャンルと呼ばれるものです。
求めていて納得するのは、心情的な「癒し」「感動」。端的なのは、朝夕の短い光と色彩のドラマ。この辺りを書いていくと、どうもどこかの写真集のような場面を思い起こします。まあ、それほどポピュラーな場所でもあるのですが、そこに何か私だけの恋人がいるんじゃないかと思うわけですし、それをどのように撮って現像するのかということでの 悩みもあるわけです。美瑛を撮りたいのではなく、美瑛にある丘や木々と光の戯れやドラマ。雪原の光、白の中の色彩、などなど。

 こうしていろいろな言葉、イメージを連ねているところです。テーマとなると、自分の過去を振り返り、なぜこうしたものに惹かれるのかの根源、原イメージをも遡る必要があるのでしょうか。なぜ、それが伝えたいものなのか、誰に伝えたいのか、残したいのか。私の人生と写真と重なり合った理由、これから進もうとする写真についてなど。これらはもう哲学?精神分析? 美瑛撮影は地理学、気象学? デジタルカメラは科学、光学? いっぱい考えることの多い、写真です。

 

写真…への独りよがり  5 事件?

暁の散布ss

 「春耕への始動」 早朝からの融雪剤散布作業 丘陵地帯ではスノーモービルが大活躍である。

 日々撮る写真は自分にとっては何なのか‥。テーマ、コンセプト‥に思いを巡らせている間に、下記のような事件が起こりました。
 某公益団体主催のフォトコンで最優秀賞(知事賞)となった写真が問題となり、内部協議行われ、受賞辞退、団体の謝罪もあったという結末になったそうです。新聞やTVにもとりあげられたようです。審査員の受賞理由もありますが、団体そのものや、撮影者、審査員への批判が続出していたとか。また、批判を受けてすぐに取り下げ・辞退、謝罪ということへの批判もあるようです。
 そもそもその受賞写真は、「海岸に打ち上げられたクジラの上でガッツポーズの男性がのっているもの」です。タイトルは「征服」。
 審査員コメントは「海岸に流れてきた?クジラに乗ってヤッタゼ!と言った得意のポーズの青年!滅多に見られない作品作りに成功されたと言ってよいでしょう。」とのこと。
 撮影者については、取材で経緯がのっていて、
「たまたま海辺で見かけた風景を撮影した。他にも同じく撮っている人がいたから撮った。」と説明。クジラだけの写真も撮っていたが、「(写真)がおとなしいから」と考え、人が乗っている写真をコンテストに応募した。(中略)クジラの上に乗る行為を誉めているのではというネットの意見に対して「そんなつもりでだしたわけではない。撮る人によって違う捉え方がある」と主張。以上が概要です。
 
 私見ですが、先ずは審査コメントが軽すぎます。珍しさやインパクトのみの報道写真的な発想です。アマチュアの一応権威のある写真団体の一員(それも審査員)で、知事賞を決める位の人ですが、どんな意図の元に写真を撮ってきたのか疑いたくなります。コンテストのテーマは「○○の四季」ですので、それなりの観点からの言(審査基準も)があって当然かと思います。
 それとその一人の審査員が決定したとしても、団体の関係役員に諮ったと思っているのですが、何受賞辞退をお願いし、謝罪したような経緯なので、まったくのお任せか、機械的処理なのか、写真コンテストの目的や意図を理解していないようです。
 そして、撮影者です。先ずはタイトルも物議の一端で、感性がなさすぎです。それ以上に、「おとなしいから」人をいれた写真を応募したということですから、全くコンテストの趣旨にはあわないものです。この方は普段は風景写真を撮っておられる方のようで、見たところいい感じのものもあるのに、受賞して騒動をおこすとな本人もびっくりなのでしょう。いささか想像ですが、コンテストに応募するのにも慣れているような感じで、インパクトや珍しさでの受賞狙いもあったように感じました。
 いずれにしても、問題は「審査に際する基準が曖昧。」「審査員・撮影者も写真(応募・公開も含め)に対する考え、認識不足」ではないかと思います。

 コンテストのテーマがあったのですが、それをどのように具体化したイメージがあったのか、どのような要素が被写体に含まれていたらいいのか、はたまた、どんなものはいけないのか、などの方向性がなかったこと、明確になっていなかったことがこうした事件をおこしてしまったのではないかと思います。
 更に、撮影モラル的な面や、自然観、生命観‥などなども含んだものをもっていなかったということになるのではないかと思います。
 こうしたことを思うと、撮影者にとってはテーマやオブジェクトのみではなくて、「コンセプト」というものを強く意識することが必要になるのではないかと思いました。

 テーマ、サブテーマ、オブジェクト、コンセプト‥ 概略
テーマコンセプト
 
 

写真…への独りよがり  4  撮りたいもの‥テーマ、主題?

残照メモリーss

 夕陽の木(美瑛) 以前からもっていたイメージと何かピッタリとするものが撮れた。木の中での光条、動きある雲、樹影‥。哲学の木伐採以後から、「樹木への思い」が天にも通じたような心地で撮影させてもらった。そして、この後移動して再度戻ったときの日没後の美しく激しいような夕焼けにも出合うことができた。こんな時は、フッとありがとうとつぶやくのである。

 自然風景、田園風景はいいものです。しかし、フッと自然風景だけでいいの?と囁く声も聞くのです。それは、花でも鳥でもなく、人です。妻の願いもあって、大正生まれの一人暮らしの義母を撮ってみたいとも思っているのです。皺のある顔、そして、喜怒哀楽。既に高齢化から超高齢化を迎える中での哀愁、あるいは喜びというのも魅力的です。「限界集落」「独居老人」‥記録性も高いと思っています。いずれ私の道でもあるからですし‥、気兼ねのないところでは、田舎に住んで自分をとればいいということになるのでしょうが、それにはまだ少し‥若い?!
 そして、やはり質のことが気にかかりますし、写真が記録性を越えるものとして、記録を一歩でも越える何かを模索しながら、撮り続けるモチベーションを維持、高めたいと思っています。
 すでに3年巡った美瑛の丘。もう少し違った見方、視点から撮れないものかと言うことです。もっといいレンズで?ということも、小さな望みですが、そうした手段ではなくて、「美瑛の丘の光景」という被写体を通して、何を見つめ、考え、何を撮したいのかということです。これについては、「テーマ」とか、「主題」、「コンセプト」、「サブジェクト」と呼ばれているものについて基本的な理解をしてから、自分の考えを整理して、組み立て直さなくてはならないようです。 

 いつまで写真がとれるのかという将来的な不安もある中で、下記のような言葉にであいました。

  「One should really use the camera as though tomorrow you’d be stricken blind.
 (明日突然目が見えなくなるかもしれない、そう考えてカメラを真剣に使うべきだ。) ドロシア・ラング」

  そして、テーマやサブジェクトについても、写真家のドロシア・ラングは述べています‥。
   「Pick a theme and work it to exhaustion… the subject must be something you truly love or truly hate.  (テーマを決めたら、疲弊する極限までやってみなさい。サブジェクトは心から愛しているもの、または心から憎むものでなければならない。)

  この日本語訳では、ほとんどがサブジェクトを「主題」としているものが多いようです。辞書では、どちらも「主題」という意味もあり、訳が分からなくなります。しかし、意味で異なるものをあげると‥
 
「テーマ」:題目、根本意図、中心課題、中心的内容、本題‥
  「サブジェクト」:話題、論題、項目、対象、材料、被写体‥

 となります。写真ということからすると、サブジェクトは被写体とした方が分かりやすいかもしれません。絵画では、「モチーフ」に近い意味でしょう。また、テーマが1つの文言であるとすれば、それを伝えるための複数の要素や構想がオブジェクトということで、写真という実体、撮された被写体というのではないかもしれません。

  また、「テーマ」を検索していくと、「コンセプト」との関連についても述べられています。単に「概念」とありますが、「創造された作品や商品の全体につらぬかれた、骨格となる発想や観点」というのもあるようです。写真関係ではあまり目に触れない言葉ですが、デザイナー関係で使われるようで、「既成概念を壊すもの」「新しい価値観を創るもの」というのも含まれ、いわゆる個々の「オリジナリティーにも関わるアイディア」という点も面白いところです。写真家は写真そのもので勝負という面が多いようですが、デザイナーは、自らのデザインとともに、クライアントへの作品の主張が必然的なことから強く意識されているのだと思います。とはいえ、写真家がもっていないということではないと思いますし、特にプロとなれば、これがないと写真における自己存在、独自性が危ういということになります。 アマチュアは幅がありますので、自分の立ち位置も気になるところです。
記事検索
Photohito

Recent Photo