PHOTO MEMO by FES

写真についての個人的メモ

キタキツネ

狐ポートレート

06

 撮りためた狐の写真

 キタキツネでは「ナショナルジオグラフィック・コンテスト」のネイチャー部門で、日本初の第1位をとられた井上浩輝プロがいますが、狐だけだと「狐のポートレート」と称しているようです。
 賞をとられた写真は、冬の夕日に赤く染められた東の空と雪原を走る2頭の狐の小さな姿ですが、自然の美しさと共に生き物の躍動感が一体となった一瞬が捉えられています。また、BRUTUS9月号では、賞をとられた写真のおそらく前の、2頭が戯れる一瞬を捉えた写真が表紙を飾っています。
 これら2枚の写真では、いずれも狐は小さく写っているのですが、自然に生きる生き物を自然の中で捉えたものとして、動物写真というよりも自然風景写真というような感じを受けて、私のお気に入りの作品となっています。

 狐を探そうとすればなかなか出会えるものではありません。狐の習性も知らず、見つける努力もしていないからです。風景を撮るための移動の途中に稀に出会えるしかないのが現状です。それも動かない自然を撮る風景写真ばかりですので、なかなかピントも合わず、手ぶれ補正も効かない状況が多くて(撮影技術の未熟さ)、失敗写真ばかりです。出会えても警戒して近寄ることもできませんが、警戒心の弱い小狐や親離れ直後のものであれば、怖いもの知らずや、親恋しさで、逃げない狐もいるように思います。
 それこそ稀の稀に、車に近づいてくることもありますが、以前に餌などをもらった経験があるのかと思ってしまいます。また、事故にでもあったのか、足を引きづりながら歩く狐にも出会いました。せっかく出没コースを見つけても、数日後に車事故にもあったような死体にも出会いました。悲しいものです。

 見つけたら、車のドアを静かに開けて閉めもせずに、それこそゆっくりと動いていってカメラを構えることになります。絞り優先か、シャッター速度優先かも考慮して撮影することになります。

IMG_4722

 雪原に生きる  
 東川町や東神楽町の川霧を狙っていた頃に撮影したもの。もう4年ほど前です。冬は積雪のために足跡がわかり、狐も見つけやすくなります。ともあれ、この頃は雪の表現も悪いですね。

RAW現像の手順 その17


20170621-017A2730-Edit

 キタキツネ

 <手順16 「補正ブラシ」で細部を補正する>

 いよいよRAW現像最後の作業です。

「段階フィルター」や「円形フィルター」といった範囲指定補正フィルターに加えて、Lightroomには「補正ブラシ」というものがあります。

 「補正ブラシ」はブラシで指定した部分を補正することができるため、よりきめ細かい部分補正を行うことが可能です。例えばキタキツネの毛並みを強調するためにシャープネスだけをかける、背景を暗くするのに使ったり、部分的に露出やホワイトバランス、色彩、かすみの除去等さまざまな補正を行うことができます。

 補正ブラシを多用していくと、LRソフトの動きが鈍くなるという現象を経験していますので、より広範囲に適応できる段階フィルターや円形フィルターをうまく組み合わせて使っていく必要があります。

 現像後は、「書き出し」と言って、画像形式(jpeg,tiff)、画像サイズを決めて保存することになります。この際、画像に著作権を表すウォーターマークも入れることができるのがLightroomということになります。

 特に書きませんでしたが、トリミングもできますのでLightroomでの現像を楽しんでください。
 

 

RAW現像の手順 その14

20170621-017A2759-Edit-2

 キタキツネ
 手ブレ補正はあっても万能ではないので少々開放気味で撮影。至近距離で若干目にピントがあっていないような感じです。

 <手順13  「シャープ」で画像に解像感を与える>

 私が使っているLightroomでは、すでに25のシャープがかかっています。半径は1.0 ディテール25、マスクは0。これがデフォルト設定なのかもしれません。
 したがって、ほとんどはかけることがないのですが、以下に説明します。

<適用量> スライダーを右にドラッグするとシャープネスの効果量が増加します。やり過ぎるとザラザラした感じになります。<半径> このスライダーは、写真の中でシャープ処理の対象となるエッジからどこまでの範囲かをコントロールします。

<ディテール> これは、輪郭のエッヂ部分以外のどこまでのディテールを強調させるかを調整するものです。

<マスク> シャープを使用すると画像全体に均等に適用されます。しかし、画像の中にはシャープにしたい部分と、そうでない部分が混在していることが普通です。

 MacであればOptionキー、WindowsであればAltキーを押しながらドラッグすると、画面がモノクロになり、ドラッグしているスライダーの影響を受けるエリアが白線として表示されます。
Optionキー(Altキー)を押しながら「マスク」のスライダーを左の0にするとに画面は真っ白になります。これは画面全域にシャープ処理が行なわれているということです。これを右にドラッグすると、シャープが適用されない領域が黒く表示されます。白線として見える部分はこの画像の中でシャープが適用される部分となります。

風雨と濃霧 キタキツネ

風雨を乗り越えて

 風雨を乗り越えて 濡れたキタキツネ

 台風通過の翌日は濃霧。霧を通り越したところで出くわしたキタキツネ。まだ若く,警戒心も弱くて3mほど近づくことができました。渇いた寝ぐらで台風の風雨をしのいだのでしょうか。それとも濡れながら耐え忍んだのでしょうか。そして,濃霧の露にぬれた草木,地面を,餌をもとめて歩いたものと思われます。私を見つめたり,目を閉じたりする仕草に,辛く,寂しかったことを伝えたかったのだと感じました。家の中で台風情報のTVを見ながら,何時過ぎるだろうか,何時撮影に行くことができるのだろうかという生活とは全く異なった野生の生活に思いをはせる一時でもありました。

 北海道内では,台風通過後も土砂崩れが発生しているようですし,日本海側に寒冷前線があって100mm以上の降水量とのことです。今日,美瑛を回ってきたところでは,給水管がダメになって自衛隊が給水車を出していたり,テトラポットのようなブロックを運ぶトラックに合いました。農地も斜面のところで,特に刈り取りしたあとの土地に,降水・流水でえぐられたりした跡があることろも見ました。被害が拡大しないことを祈ります。 

 追加情報です。今回の台風による河川氾濫で、青い池が閉鎖となりました。美瑛川の増水氾濫で青い池側の土留め・堤防?が崩れたそうです。青い池の水位が下がるとともに泥水と化しました。 観光協会の説明では、復旧のめどは立っていないとのことです。あちらこちらでの河川被害もあり、人的被害防止優先となる個人的予想ですので、11月のライトアップも危ぶまれますし、来年度予算等となると来シーズンの晩夏か秋以降となるのかもしれません。
記事検索
Photohito

Recent Photo